auのiPhone5sの最安プランをまとめ

今回行ったお店はiPhone5sが一括50,000円引きのキャンペーンをやっていたので、一括支払い時の料金で計算を行います。
では、さっそくiPhone5sのプランを見ていきましょう。

端末料金 iPhone5s(16G)

項目価格
端末料金55,080
その他値引き▲32,400
キャンペーン値引き▲21,600
合計1,080

月々の利用料金

項目価格
基本使用料
(誰でも割)
1,008
LTE NET324
LTEフラット6,156
auスマートバリュー▲1,522
月々割引
(一括支払いによる)
▲1,395
合計4,571

店員さんの言われたままに契約すれば、このような感じのプランになると思います。
これに加えAppleCare+とauスマートパスの加入を進めてくると思いますが、iPhone5sの場合は不要でしょう。
(iPhone6、6+契約の方は必ず入っておきましょう。)

auスマートパスとは?
http://pass.auone.jp/anshin/support_i/#reason_02

みんなの毎月のスマートフォン利用料金

だいだい月々に5,000〜7,000の料金を払っているそうです。

proper

それと比べてみると、先ほどの月々4,571円というのは安いのではないかと思えます。

最安プランを求めて

結局は使用用途によります。
LTEフラットの7Gをフルに使う人であれば、先ほどのプランでいいでしょう。

今回は最安プランを紹介したいので、限界まで削りましょう。

  • LTE NET
  • LTEフラット

を解約してください。
※それに伴いスマートバリュー、毎月割は適用外となります。

その場合の月々の利用料金

項目料金
LTEプラン1,008
合計1,008

980円 × 24ヶ月 = 23,520円
端末代は1,080円なので、計24,600円です。

事務手数料とかを加えても、端末料金よりだいぶ安くなりますね。
(利用用途は限られますが。)

以上で最安プランの紹介は終わりですが、何点か疑問があると思います。

疑問

LTEフラットは分かるけど、LTE NETも解約するの?

auのメールアドレス(xxxxx.ezweb.ne.jp)が不要の方は解約しましょう。
以前は登録するのにキャリアのメールアドレスが必要とする場面が多かったのですが、最近はほぼフリーメール(GmailやYahoo)で登録できるので必須の場面は少ないと思います。
また、LINEやSkypeの広まりによりメールの利用自体が減ってきています。
今回は最安プランなので削りましたが、各々の使用目的により判断してください。

パケ死するのでは・・・?

結論:大丈夫です!

そもそも、パケ死とは?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B1%E6%AD%BB

SoftBankとdocomoはパケ死の可能性がある。

auのLTEプランの場合は上限が21,000円と設定されたので、死ぬことはありません。
が、最安プランにして21,000円も請求がきてしまったら元も子もありません。

設定はしっかりしましょう。

次はdocomoとSoftBankについてもまとめたる。

スポンサーリンク
RESAD
RESAD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
RESAD