【メンタリストDAIGO】GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代まとめ

Youtubeでなんとなくクリックしたところ、すごい引き込まれるトーク内容だったのでまとめます。
「与える人」 > 「与えない人」 > 「与える人」。最上位にいる人は「与える人」であり、最下層も「与える人」である社会。
この社会で成功する方法がこの動画または、書籍で知ることができます。

今回Daigoさんが参考にした本がこちらになります。

動画の続きはニコニコの有料動チャンネル画なんですが、余裕があれば登録して視聴してみてください。

おはようございます、メンタリストDaiGoです。本日公開の動画についてお知らせします。<本日公開>人心掌握のための親切とプレゼントの心理学~与えるほど成功するトップギバーになるには?人に親切をしているつもりなのになぜか報われない。いつも自分のことばかり犠牲にしている、でも認められない。いい人過ぎて、いい人いい人どうでも...

GiverとTakerとMatcherについて

Giver
与えまくる人(自分が得る利益よりも多くを与えようとするもの)
Taker
権利ばかり主張し、自分の利益ばかり考えている人(自分が与えた量よりも多く利益を得ようとする者)
Matcher
与えた分の見返りを要求する人(自分の利益と相手の利益を同じにしようとする者)

損するGiver(Bottom Giver)と得するGiver(Top Giver)

どちらも周りの人がよくなるように一生懸命動くが、そこに自分が入っているか、入っていないかの差です。

損するGiverは、みんなのために自分が犠牲となり全く利益を受け取ることができない。
得するGiverはみんなの利益を最大化するために動く。自分の利益も入っている。

例えば、チームのプロジェクトが失敗したとき、何も考えずに全て自分で責任をとるのが「損するGiver」。
得するGiverは、今後のチームの利益を考え、自分が責任をとることで利益が最大化される場合は自分が責任を取ります。

Takerの特徴

  • 権力
  • 快楽
  • 勝利

お金、権力、快楽が欲しい。人に勝ちたいと強く思うのがTakerの特徴です。
また、Takerは自分のことを自信満々にしゃべるので初対面の印象はいいそうです。

Giverの特徴

  • 人を助けることが好き
  • 責任を持ったり、信頼されるのが好き
  • 社会のためになることが好き
  • 情にもろい

このような特徴によりGiverは詐欺に遭う可能性がTaker、Matcherと比べ2倍高く、仕事の売り上げなどもGiverに比べTakerやMatcherのほうが平均2.5倍も上だという研究結果があります。Giverは短期的な投資に弱く、長期投資に強いのです。

どちらの特徴に多く当てはまったでしょうか?
Takerに当てはまった方も、Giverに変わることができるので安心してください。

瞑想をすることで共感力が上がり、Takerの人もGiverになれる。

だいたいすごいキャラって瞑想してますもんね。やってみようかな。

Giverの持っている素晴らしい力

  • 強いつながりより、ゆるい繋がりを使う
  • 全体としての利益の牌を増やす
  • 他人の中に眠っている可能性を見つけて、エキスパートを育てる
  • リーダーシップより、ネットワークづくりを大事にする

ゆるい繋がり

ゆるい繋がりとはパーティで会った人や、たまたま打ち合わせで同席していた人などとの繋がりのことです。
ゆるい繋がりの人とは知識が被ることが少なく、新しいビジネスが生まれやすいという傾向があります。

近い人に与え続けてもどんどん慣れてしまい、あまり感謝されなくなります。
常にゆるい繋がりを広めていくことでネットワークが広がり、情報や、ビジネスが舞い込んできます。
ただ、闇雲に広げればいいわけではく、再度繋がること(リコネクト)が大事です。

利益の牌を増やす

どうすれば全体としての利益が増えるかということを常に考え、そこからわずかだがお金をもらいます。
そのためには「チーム」がうまく回る必要があり、それぞれが最大限の力を発揮できるような配置をする必要があります。
大切なのは人を見る目です。

エキスパートを育てる

Takerは才能がある人を探します。才能がない、利益がないと判断した場合は関わりません。
Giverはみんな才能があると考え、長所を探すのがうまく、その長所に対して期待をかけます。
期待をかけられた当の本人は、どんどんやる気が出てきて、そのやる気が才能を開花させます。

ピグマリオン効果(ピグマリオンこうか、英: pygmalion effect)とは、教育心理学における心理的行動の1つで、教師の期待によって学習者の成績が向上することである。 別名、教師期待効果(きょうしきたいこうか)、ローゼンタール効果(ローゼンタールこうか)などとも呼ばれている。

先生・教育に携わる方にはTaker、Giverどちらもいます。
Takerに教えられた生徒は、その時点で才能がないと判断された場合成長できません。
Giverに教えられた生徒は、どんどん伸びていきます。
教育者はGiverだけがなるべきなので、Giver Taker MatcherテストをすればいいとDaigoさんは言っていますがその通りですね。

リーダーシップより、ネットワークづくりを大事にする

ネットワークを使って、人に影響を与える、社会に影響を与えることを目標にする。

以上の4つの性質をうまく使うことでTop Giverになることが出来ます。
その中でも一番大事だと感じたのは、「利益の牌を増やす」のチームとして考えることだと思います。チームの最大の利益を考えることで他の三つも自然と付いてきますもんね。

最後に

少し長くなりましたが、Giverの性質の素晴らしさがよく分かりました。
Top Giverになるためにこれからみなさんに分かりやすい記事をGiveしていきたいので、
よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
RESAD
RESAD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
RESAD