【備忘録】株初心が負けから学んだこと

※間違っていることが多々あると思うんで、アドバイスください。

前から目をつけていた株でも下げてる途中は買うな

現在1600円の株価で、1500円くらいまで落ちたら買いたいと思っている株があるとします。
徐々に上げていき、1800円まで行ったところで暴落。いつのまにか1450円まで一気に下がったとします。
自分の買い基準の1500円を割り1450円なので買いたいところですが、手を出さないでください。
暴落した株は自分の基準値の10%-15%は下回ります。(私調べ)
なので今回は1350円くらいまでみといた方がよく、横横になったくらいで改めてその時の適正価格を考え治してください。
それもで安いと思ったなら全力で行っていいと思います。

初心者は寄りで買うな(板を見るな)

板を見ているどんどん上がっていくのを見ると、この大相場に乗り遅れる!!と思い、買ってしまうことがあります。
テレビでニュースになるような材料以外は、そのあと1時間以内に徐々に下がっていきます。
もし、自分が狙っていて銘柄で中長期持つ予定なら、11時前後、14時前後がおすすめです。
私が持ってる銘柄は金曜の大引けが週の中で安く買える確率が高いです。

利確のタイミングは目標価格に達した時

これは一番難しいと感じています。そろそろ売りたいなと思った時、板がどんどん上がっていくのを見ると欲が出てストップ高あるか!?と思ってしまうのですが、ほぼないです。
そして下げに転じたところで、初心者は山頂で指値を入れます。なぜかもう一度戻ってきて売れると初心者は思います。
しかし、戻ってこずみるみる利益が下がります。次第にマイナスになります。

目標株価で利確した場合、自分の予想が当たったことになり、利益が出ます。
利確することでノーポジになり、より冷静な判断ができ、地政学的リスクや機関の強烈な空売りによる下げリスクも回避できます。

下は軽く、上は重く見ておく

初心者でも銘柄を調べて、2倍以上になるだろう株を買います。
現在1500円の株の場合は目標株価は3000円です。
目標株価3000円の株が、1000円以下になるなんて初心者は一切想定していません。2ヶ月くらいで2倍になると思っています。
また下げてもせいぜい-100円くらいだと思っています。

3000円になる株はだいたい、みんなが期待しているので信用買いも多く、売りに狙われます。
なので下は軽く、上は重く見ておき、短期の目標株価を設定しておき、うまく回転させ暴落のリスクも回避しましょう。

8月は暴落するまで買うな/h2>
「夏枯れ」という言葉があるのですが、初心者はもちろん経験したことがないのでいつも通りにウキウキな気分で株を買います。
が、買いが心なしか弱いのです。そこを狙って売りを仕掛けられるとどんどん下がります。
「夏枯れだから仕方ない。」という言葉も飛び交い、悪材料が出たわけではないのにどんどん売られます。
当初の買いの目標株価より下げ、横横になったところで買いましょう。

損切りは買った時の予想から外れた時

・大底で買った
・大ヒットが予想される商品

この2つ条件で買った場合、どちらも違った場合は判断できた場合は即売りです。
ただ、大底で買ったつもりだが株価が-5%となった場合、売るか迷いますよね。
が、しかし、自分の予想が5%も外れているのでここは売るべきでしょう。
大ヒットが予想される商品が売れなかった場合でも、株価は下がるとは限らないので、損切りのルールは機械的に%で決めておくべきだと思います。

そこまで自信がある銘柄なら回転で負けた分も取り返せると思うので。

スポンサーリンク
RESAD
RESAD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
RESAD