【悲報】テーマをStinger3からTwentyFourteenに変更した結果

Google Analyticsの見方についてまだ余り理解していない私ですが、さすがにこのグラフが表していることは理解できます。

google_analytics_テーマ変更日

1/28日にStinger3からTwentyFourteenの子テーマにテーマを変更しました。にちゃんまとめサイトの株やFX関連の記事でこのような急落したグラフ画像はよく見ていたのですが、自分の身に襲いかかるとは・・・。

テーマ作成のため1月後半になってから記事の更新スピードはだいぶ落ちたのですが、この下落っぷりはテーマ変更によるもので間違い無いと思います。

Stingerと何が違うの?

StingerはSEOに強いというのは知っていましたが、TwentyFourteenも公式テーマであり、HTML5対応なのでSEOには強いだろうと勝手に思い込んでいました。

SEO対策の違い

WordPressでSEOを意識するなら、この記事は「めちゃめちゃ大事」(宮迫)
WordPressのSEOを強化する!プロが教える7つの設定

Stinger3でやっていて、TwentyFourteenで出来ていないことが3つも見つかりました。

  1. noindex,followを一切使っていない
  2. パンくずリストがない
  3. 全ての記事内で関連記事を表示する設定をしていない

こんなにも対策できていなかったのですね。
SEO対策済みのTwentyFourteenを作成したので、整理できたら配布するかもしれません。

マークアップ、アウトラインの違い

どれくらい効果があるかわかりませんが、WordPressのテーマでもそれぞれ違いがあります。
自分が何をアピールしたいかによって変わってくると思います。

『アウトライン』について / HTML5マークアップ時の基本

Stinger、Gush、Simplicity、Principleのアウトライン構造を比較してみた

さいごに

ここまで急激にアクセスが変わるものだと身を持って実感しました。
SEO対策は結構簡単に行え、効果も高いので是非みなさんもやってみてください。

ちなみに2/18からSEO対策済みのTwentyFourteenを試しているので、アクセスの変化がわかり次第記事にまとめたいと思います。

スポンサーリンク
RESAD
RESAD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
RESAD