おすすめの格安SIMカードまとめ

おすすめMVMO(Mobile Virtual Netwok Operator:仮想移動体通信事業者)、格安SIMカードの紹介です。

MVMOとは

大手のキャリアから回線を借り、通信サービスを提供する業者のこと。

キャリアMVMO
docomoIIJmio、OCN、BIGLOBE、So-netなど
aumineo、UQmobile
SoftBankなし
Y!mobileなし

・MVNO・LTE通信サービス標準プラン

ドコモ接続料 1,234,911円
KDDI 接続料 2,751,142円(ドコモの約2.22倍)
ソフトバンク接続料 3,517,286円(ドコモの約2.84倍)

MVMO標準プランはdocomoが圧倒的に安い。

SIMカードとは

SIMカードとは固有のIDが記録された、通話やデータ通信をするためのカードのこと。

SIMカードのメリット、デメリット

メリット

・キャリアの料金に比べ圧倒的に安い
・MVMOが多いので自分に合ったプランが選べる

デメリット

・安く契約できるデータプランは1~3Gが大半
・キャリアのように月々の端末割引が受けられない

格安SIMがあるMVMOの比較

MVMOIIJimioOCNモバイルONEBIGLOBEu-mobileb-mobile
回線docomodocomodocomodocomodocomo
特徴・ビックカメラで即日契約
・速度制限なし
・プロパイダがOCNなら200円引
・050plus基本料無料
・月10GBのプラン
・BIGLOBE電話
・LTE使い放題プラン
・速度制限なし
・LTE使い放題プラン
・速度制限なし
速度制限なしなし3日制限なしなし
解約違約金発生(音声付きのみ)12ヶ月6ヶ月12ヶ月6ヶ月6ヶ月
通話+データプラン
(通話料)
(データ容量)
1,728円から

(20円/30秒)(2GB/月)
1,728円から

(20円/30秒)(70MB/日)
1,728円から

(20円/30秒)(2GB/月)
1,706円から

(20円/30秒)(1GB/月)
1,684円から

(20円/30秒)(LTE利用不可)
データのみプラン972円から972円から972円から734円から972円から

MVMO楽天モバイルSo-netモバイルLTEぷららモバイルLTEDTImineo
回線docomodocomodocomodocomoau
特徴・通話プラン最安
・楽天ポイント
・なし・使い放題(3Mbps)
・最新のドラマ、アニメが見れるアプリ
・データ通信最安
・専用のIP電話サービスがある(050電話)
・auの白ロムで使える
速度制限なし3日制限なしなし
(常時250kbps)
なし
解約違約金発生(音声付きのみ)12ヶ月12ヶ月なしなし12ヶ月
通話+データプラン
(通話料)
(データ容量)
1,350円から
(20円/30秒)(LTE利用不可)
2,041円から
(20円/30秒)(1.5GB/月)
なしなし1,717円から
データのみプランなし1,717円から972円から504円から980円から

※BIGBLOBE電話(回線交換型の詳細についてはこちら:無料通話アプリまとめ)
※基本的にデータ通信のみの契約の場合、解約金が発生する最低利用期間はありません。

通話付きのおすすめはIIJimioの「みおふぉん」。
1,600円で通話+2GBは他と比べてもお得で分かりやすい。

データ通信は使い放題があるぷららモバイルLTEかU-mobile、b-mobileがオススメ。
安定して使いたいならぷららモバイル。最高速度は3Mbpsで、ユーザーから2M前後で安定しているとの声が多い。
一方、U-mobile、b-mobileのLTE/3G使い放題は驚きの値段ですが、0.5M~10Mと時間帯により不安定なことが多いとのことです。

※LTE使い放題プランは、他の利用者の通信に影響を与えるような大容量の通信と当社が確認した場合、通信速度の制限を行うことがございます。


ぷららで月100GB使う猛者もいるようです(笑)

SIMカードのサイズ

SIMカード サイズ

の三種類のサイズがあります。

nanoSIMであれば変換アダプタを使いMicroSIM、標準SIMに対応できます。間違えて購入された方は変換アダプタも購入しましょう。
nanoSIMなのに間違えて標準や、MicroSIMを買ってしまった場合は切断して対応する方法もあります。(上級者向け)
自分の端末がSIMカードに対応しているか、どのSIMサイズかについては以降のオススメ端末を参照してください。

オススメ端末

Nexus5

以前、Y!mobile最安プランで紹介しましたが、Googleから購入することもできるので手に入れやすいです。
Googleの端末なためAndroidのverは5.0と最新のものを使えます。
ですが、docomoの800MHz帯LTEに対応していない為、800MHz対応のモデルより高速通信ができるエリアが狭くなってしまう。

iPhone6、6+

SIMフリー端末をAppleストアから気軽に購入できます。
ハードウェアスペックは最新Androidと比べ劣っているものの、ベンチマークはどの項目でも最高レベル。
iPhone5sで少々物足りなかったバッテリーも強化されたので長時間使用も可能。

まとめ

格安SIMを持つのにオススメな人

・電話をあまりしない人。
・とにかく安くしたい人。

格安SIM並みに安いY!mobile

2015年に端末のSIMフリー化が義務付けられる

今後もMVMOが増々増えていくと思われます。様々なお得なプランも出てくるでしょう。
端末のSIMフリー化が浸透するまで様子をみるのもありだと思います。

スポンサーリンク
RESAD
RESAD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
RESAD