laravel.osaka #14に参加しました。

Laravelでサービスを作った時にやったこと

Crieit – プログラマー、クリエイターが何でも気軽に書けるコミュニティを作成された時の技術的な話でした。

私はエンジニアですが、技術を追い求めるよりもサービスを作ることのほうに興味があるので今回の話は非常に参考になりました。

インフラ

Google Compute Engine(f1-micro)を使用とのことです。

以下の構成で無料で運用することが可能です。

GCPで永久無料枠を利用してサービスを立ち上げたときにしたことの備忘録 - Qiita
# はじめに 最近GCPでWebサービスを立ち上げたので、そのときに実施したことをメモとして残しておきます。 今回はGCEで Debian + Nginx + Railsで環境を作りました。 ドメイン取得以外は終始無料で進めるための努...

SQL

  • JOINせず、Eager Loadingを使用する。
  • DebugBarでログをみる

などLaravelであればEloquentで自動生成されるSQLをチェックし重いクエリーを発生させないことが大切です。
レスポンスが速くなり、インフラのコストが抑えられ一石二鳥ですね。

CDN

LaravelはページのPHPためキャッシュが無効ですが、設定で対応可能とのことです。
キャッシュにヒットすればWEBサーバーにアクセスせずに済むので、ユーザーへの体験もよくなり、サーバーを無料においても効果は大きそうです。
LaravelであればCDN用のmiddlewareを作成することで非常に簡単に設定できるとのことです。

@dala00さんのNode + Expressで作成されている記事も非常に参考になったので共有します。

Nuxt.js+Express+TypeORMで100の質問メーカーを作った - Qiita
「(」というWebサービスを先日リリースしました。10, 100, 1000の質問を作ったり、それを回答して遊ぶサービスです。 ![main.pn...

index.phpの処理を追ってみた

全体的に私には難しい内容でした。
handleExceptionが簡素にかかれているので、最初に読むのオススメとのこです。

いつか全能感を得るためにindex.phpを追ってみたいと思いました。

Laravel Rest API ライブコーディング

勉強会で生のライブコーディング初めてみました。
しかもテスト駆動開発 + REST API + 認証という最高のテーマでした。

Laravelはインストール後にテスト環境が全て揃っているので今回のライブコーディングもほぼインストール後の状態で始まりました。

マイグレーション、シーダーの設定後テストを書いて、認証のテストまで書かれてて、スピード感が非常に参考になりました。

動画あがってないかな。。。

今回の勉強会とは違うのですが、以前動画でみたテスト駆動開発も非常にいいのものでしたので紹介します。
Ctr+Rでテスト実行するのオススメです。

さいごに

それぞれジャンルの違う発表で内容も濃かったので、終わったの後の満足感がかなり高かったです!
最近はLaravelを少しはなれてNodeをやってたのですが、またLaravelに戻りたくなりました。

また次回あればぜひ参加したいです。

コメント